FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOS

前幾天看一部漫畫。男主角之一的少年寵物犬萊西過世了,他卻不曾告訴任何人,只是以比往常更險惡的惡作劇方式來表示求救。他坐在窗邊望著屋外的視線很遠。睫毛輕輕地掩。某頁面上的畫面簡單,七天不眠的少年熟睡的側臉很安靜。日光穿過髮隙留下陰影。

『因為旅行很無聊,而且……』
『萊西會一直不睡覺的,在等我回去。』

不管我清醒的等了多久,萊西都不回來。

當時我的眼眶微熱,淚水一下子翻湧上來。
共鳴的心臟疼得要死。

-------------------------------------

這兩天的心情很平靜。溫度像斜坡一樣緩緩上升。有妳的陪伴真好。妳美麗的辭藻像彈跳著鍵盤的音符,在我夢中縈繞交織成小步舞曲。用藥克服的午夜失眠,直到今日終能自然入睡。因妳而安眠。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。